FC2ブログ

四郎と売春(前編)

2009/06/26 Fri 18:30

(この物語はフィクションであり登場する人物・団体は架空の物です)
四郎と売春・新



               1


売春防止法第十二条 
人を管理する場所に居住させ、これに売春をさせることを業とした者は、十年以下の懲役及び三十万円以下の罰金に処する。



そのマンションは築16年、3階建ての全21室。決して綺麗とは言えないがかと言ってボロくもない。

ある時私は、不動産屋の中尾氏から、そんなマンションを一棟ごと全部使ってもらえないかと頼まれた。

中尾氏というのは私の変態仲間で、極度のパンティーフェチだった。
数年前、そのマンションには中尾氏に連れられてよく遊びに行った事がある。というのは、彼はこのマンションを所有する不動産屋だった為に、マンションの合鍵を持っていたのだ。
一人暮らしの女子大生が学校に出掛けたり、一人暮らしのキャバクラ嬢が出勤したりと、借り主が不在になるのを見計らい、二人で部屋に忍び込んではパンティーを物色したりして遊んでいたのだった。


《小説を読む》
変態

四郎と売春(後編)

2009/06/26 Fri 18:30

#227;?#187;#229;#190;?#231;#183;¨_convert_20090618002726


               10

精液を一滴残らず吸い取られた私は、スッキリとした気分で202号室を後にした。
次は203号室なのだが、さすがに射精してすぐに行くというのもおもしろくないなと思いながら廊下を歩いていると、隣りの203号室の扉が突然開いた。

中から出て来たのはシャブ中のヒロポンである。
「おまえ、何やってんの?」
後ろから私がそっと声を掛けると、ヒロポンは「うわぁ!」と大きな声で驚いた。


《小説を読む》
変態
白衣のティンカーベル 目次

《あらすじ》
その看護婦さんはティンカーベルのように可愛かった……。
実在する看護婦さんの卑猥で悲惨な過去を、妄想性障害の私が脚色した実録小説。

《1話》
《2話》
《3話》
《4話》

変態

白衣のティンカーベル1

2009/06/20 Sat 00:30

白衣のティンカーベル1

《小説を読む》
変態

白衣のティンカーベル2

2009/06/19 Fri 17:09

白衣のティンカーベル2


《小説を読む》
変態

白衣のティンカーベル3

2009/06/18 Thu 17:07

白衣のティンカーベル3
《小説を読む》
変態

白衣のティンカーベル4

2009/06/17 Wed 17:05

白衣のティンカーベル4

《小説を読む》
変態
白衣のティンカーベル全四話がやっと書き終わりました。
ずるずると長文を書かせてもらってますが、どうか、愚人ってホントに馬鹿だよなぁコイツもしかしたらシャブ喰ってんじゃねぇの?的な温かい目で見守ってやって下さいませ。

あと、この場をお借りしまして、いつもいつも「拍手」、又は「ブログランキング」を押して下さる皆様、そして、こんな私の愚文をいつも読んで下さっている皆様に、心より心より感謝致します。
本当にありがとうございます!!

これからも頑張らせていただきますのでよろしくおねがいします!!


《小説を読む》
変態

ネカフェの裏 目次

2009/06/10 Wed 08:53

ネカフェの裏

《あらすじ》
渋谷のデザイナーズ・ネットカフェ。
そこは女性専用のネットカフェだったが、しかしその裏は男性専用のネットカフェだった。
変態男達が、何も知らない個室の女を覗きまくる。

《前編》
《後編》

変態

ネカフェの裏・前編

2009/06/10 Wed 08:53

ネカフェの裏1
《小説を読む》
変態

ネカフェの裏・後編

2009/06/10 Wed 08:53

ネカフェの裏2

《小説を読む》
変態
 | HOME | 

FX
ブログパーツ アクセスランキング