FC2ブログ

蠢女・序章

2012/12/02 Sun 00:01

0蠢女




 この物語は実話です。
 ある女の凄まじい告白を綴ったものです。
 但し、それはあくまでもその女がそう告白しているだけで、真実は定かではありません。
 告白に登場する、人物、場所、事件等の裏付けは一切取れておりません。
 いや、裏付けが取れないのではなく、取っていないのです。
 それは、この女が狂っているからです。
 狂った女の狂った告白の裏付けを取るほど、著者は暇ではありません。
 が、しかし、そんな狂った女のその狂った告白は、本人を目の前にして聞いていた私をたちまち凍りつかせました。
 女の焼け爛れた顔、その不安定な口調、常に何かに脅えている挙動不審な目、突然叫び出す奇声と、人目も憚らぬ放屁。
 そんな状況の中で聞かされた猟奇で怪奇な告白に、私は激しい恐怖を覚えました。
 だから私は、例えそれらがこの狂女のデタラメであったとしても、これをひとつの物語として綴りたいと強く思ったのでした。

 この狂女とは、新宿にある某ホテルの喫茶店で会いました。
 このホテルは、数十年前、『太陽にほえろ』で大人気だった沖雅人というスターが投身自殺した有名なホテルです。

 女は、二十分程遅れてやってきました。
 黒いワンピースに黒い帽子。その帽子には黒いレースが垂れており、それで顔面の火傷を隠していました。

 まるで葬式のような格好をして現れた女は、この喫茶店にやって来た瞬間から、挨拶よりも先に沖雅人の話を語り始めました。
 私、彼の大ファンだったんです、と気味の悪い笑顔で女は笑っていました。
 しかし、女が私に送って来たメールには、現在二十六歳だと書いてありました。
 沖雅人が自殺したのは今から三十年以上も前の事なのです……。
 
 さっそく私は、四三階のスカイラウンジに女を案内しました。
 しかし、金曜日という事もありラウンジは満席でした。
 仕方なく、再び三階の喫茶店に下りようとエレベーターに向かいました。
 すると、足音もなくホテルの人がスッとやって来て、「ただいま、五五階のカラオケルームにキャンセルがございまして、すぐに一室ご用意できますが……」と私の顔を覗き込みました。
 異常に背の高い男でした。
 私は一瞬悩みながらも、「ああ、では、お願いします」と、即答しました。
 するとその時、女が黒いレースの奥で「やっぱりね」と小さく呟きました。
「えっ?」と女の顔を見ると、女は黒いレースの中で真っ赤な口紅を歪めて笑っていたのでした。

 そのまま私と女は五五階のカラオケルームへと案内されました。
 わりと広い個室でした。
 そこで私は女と向かい合わせに座りながら、その壮絶な告白をじっくりと話を聞きました。

 女は、深海魚のような小さな目をギラギラさせ、興奮のあまり奇声を上げ、そして無意識にプスプスと放屁しながら真剣に話してくれました。
 そんな女の焼け爛れた唇から語られる告白は、著しく信憑性に欠け、且つ非現実的なものでした。
 しかし私は、たとえそれが女の作り話だとしても、その告白に身震いしました。

 だから今更、それが実話かどうかは関係ありません。
 今となっては事実の裏付けも必要ありません。
 涎を垂らしながら真剣に話す狂女と、脅えながら取材している著者の頭の中では、これは限りなく実話なのですから。

(つづく)

《←目次》《1話へ→》



アルファポリス第7回ホラー小説大賞に参加しております。
何卒、応援の一票をお願いします。





変態

FX
ブログパーツ アクセスランキング