FC2ブログ

入浴介助1

2013/05/30 Thu 17:59

入浴介助1



 大井啓介は、四十歳バツイチの建設作業員だった。
 五年前の離婚で八王子のマイホームを手放し、今は雑司ヶ谷のワンルームマンションで一人侘しく暮らしていた。
 大井がこの病院に入院する事になったのは、ビル建設現場で足場から転落し、右手を骨折してしまったからだった。
 幸いにも本人はピンピンしており、入院するほどの怪我でもなかったのだが、しかし、独り身で右手が使えないというのは何かと不自由だろうと会社側が配慮してくれ、入院する事になったのだった。

 離婚してからというもの毎日働き尽くめだった。引っ越し料や離婚の慰謝料などで貯金は底をつき、更に毎月の家賃や養育費といった出費が増えたため、休日を返上して働かなければならなかったのだった。
 そんな大井にとってこの入院は、いわばバカンスのようなものだった。
 病室は、社長が奮発してくれたおかげで個室となり、まるでビジネスホテルにいるような気分でのんびりと過ごす事が出来た。
 ましてここは、上げ膳下げ膳で、掃除も洗濯も毎日してくれた。しかもそれをしてくれるのは若い女であり、離婚してからというものホームレスのような荒んだ生活をしていた大井にとっては、まさに天国のような毎日だった。

 そんな優雅な生活に満足していた大井だったが、ただ、ひとつだけ困った事があった。
 それは性処理だった。
 離婚後の大井の性処理はもっぱら風俗だった。酒もギャンブルも一切やらない大井にとって風俗は唯一人生の楽しみだった。だからどれだけ生活が苦しくとも、三日に一度は、駅裏の三千円で生尺をしてくれるピンサロか、若しくは、陣営橋の麓の路地にある、五千円でフィリピン女性が相手してくれる一発屋に出向くのであった。
 それが日課となっていた大井にとって、この優雅な入院生活は、ある意味、残酷な監禁生活でもあった。

 そんな大井だったが、早くも入院の五日後にはムラムラと欲情し、女の匂いが嗅ぎたくて堪らず、女の柔肌に触れたくて狂いそうになった。それはまさに薬物中毒者の禁断症状のように酷く、同僚達が差し入れてくれた肉まんの柔らかい生地に触れただけで勃起してしまうほどだった。
 しかし大井は自瀆できなかった。右手首を骨折しているためシコシコ出来ないのだ。
 左手でシコシコ出来ない事はなかったが、しかし、慣れない左手で自瀆しても気持ち良くない事は火を見るよりも明らかだった。
 そんな中途半端な快楽で射精するのはもったいない気がした。そんな事で精液の無駄遣いをするくらいなら、ここは退院まで我慢し、退院後にゆっくりとフィリピン女の肛門に放出したかった。中途半端な自瀆によって貴重な快楽を失うくらいなら、例え五十八歳のピンサロ嬢であっても、その舌技で快楽を得るべきだと思っていたのだった。
 だから大井は、どれだけ辛くともオナ禁する事にした。退院後の凄まじい快楽を夢見て、耐え忍ぶ事に決めたのだ。
 しかし、そんなムラムラとした日が一週間も続いたある日、もはや大井は我慢の限界に達していた。
 窓の外で風に靡いている洋木の葉が女の陰毛に見え、布団のシーツに浮き出る縦皺が女のワレメに見えて仕方なかった。そんな幻覚じみた妄想に苦しめられる大井は、(ああ、もう我慢できない、このままでは気が狂ってしまう。今夜こそセンズリでスッキリしよう)と、たった一週間のオナ禁を解除する事にした。
 しかし、そう思ったとたん、今まで胸の奥でグツグツと湧いていた性的なマグマが一気に爆発した。センズリによってピュっと射精する快楽をリアルに思い出してしまったため、もはや制止が利かなくなってしまったのだ。
 大井は、既にはち切れんばかりに勃起しているペニスを、パジャマのズボンの上から力強く握りしめた。そして、今すぐに抜いてしまおうと、寝転がったままベッドの下のボストンバッグの中から、昨日、売店で買った週刊実話を取り出した。
 ハァハァと荒い息を吐きながらページを捲ると、ましゅまろのような身体をした女の子のピンクの乳頭が目に飛び込んで来た。

(このプニプニのオッパイにぶっかけてやる……)

 そう唸りながらそのページを指で押さえ、パジャマのズボンをズルリと下ろした。するとその瞬間、いきなり個室のドアがコンコンっとノックされ、それと同時にドアがガラガラっと開いた。
 開いたドアの向こうには若い看護婦が立っていた。看護婦は「あっ」と一言呟いたまま、そこに立ち竦んだ。
 幸いにもパジャマのズボンを下ろしただけでペニスまでは露出していなかった。が、しかし、パンツの中心をピーンっと突っ張らせているソレは、まんまと見られてしまった。
 慌てた大井はムクっと起き上がり、「なんですか?」と平然を装いながら素早く股間に布団を引き寄せた。
 しかし看護婦も負けていなかった。こんな場面に出会す事には慣れているのか、「あっ」と開いたままの口をすぐに元に戻し、素早く平然を装った。そして、あたかも何も見ていなかったかのように、「次、入浴ですので準備しましょうね」と、柔らかい笑顔で微笑み、そのままスタスタとナースシューズを鳴らしながら部屋に入って来たのだった。

 着替えをボストンバッグの中から出している間に、大井はなんとか勃起を治める事が出来た。
 そのまま看護婦と共に廊下に出た。閑散とする廊下には、まだ昼食の残り香が漂っていた。
 ナースステーションの前にあるエレベーターのボタンを、看護婦がわざわざ押してくれた。
 奥の談話室では、浴衣を着た老人が、一人ポツンとテレビを見ていた。番組は『ミヤネ屋』だった。七十八歳の老婆が八十五歳の旦那を包丁で殺害したというニュースが流れていた。
 それをぼんやりと眺めながらエレベーターを待っていると、ふと看護婦が「いつも入浴で使ってるのはコレですよね」と、大きなビニール袋を見せて来た。
 それは、手首のギプスが濡れないように被せる医療用のカバーだった。

「そうですけど……あれ? 西島さんは?」

 大井はそう言いながらナースステーションの中を覗き、いつも入浴介助してくれている男性看護士の西島さんを探した。

「今日はこっちにいません。第二火曜日は老人ホームの方で入浴介助してるんです」

 看護婦はそう言いながら、広げた大きなビニール袋をバサバサと丸めた。

「そうなんだ……じゃあ誰が俺を入浴介助をしてくれるの?」

 大井がそう首を傾げると、それと同時にエレベーターのドアがガラガラと開いた。

「今日は私が担当させて貰います」

 看護婦はそう言いながら、素早くエレベーターに乗り込んだ。
 不意に奥の談話室のテレビから、「最近では犯罪までもが高齢化してますけど、これどう思います松尾さん」という宮根誠司の声が聞こえて来たのだった。

 エレベーターに乗り込むと、そのまま奥の隅に体を寄せた。
 グワァァァンと動き出したエレベーターの中には、実に気まずい空気が流れていた。
 但しそれは、大井が勝手に気まずく思っているだけで、看護婦は至って普通だった。大井にとって、若い女に入浴介助してもらうというのは、思いもよらぬ青天の霹靂であったが、しかし看護婦達にとって男性患者の入浴介助など、患者に注射を打つくらい普通な事なのである。
 大井は、羞恥と歓喜を交互に感じながら、エレベーターの奥でモゾモゾしていた。
 エレベーターパネルに向かっていた看護婦が、「西島さんは老人ホームでもお婆ちゃん達からモテモテなんですよ」と、クスッと笑った。
 大井は「そうなんだ……」と答えながらも、これから起きようとしている衝撃的な事実をあれこれと妄想し、目の前の看護婦の後ろ姿をそういう目で見ていた。
 真っ白なナース服に包まれた尻はプリンっと丸く、スカートから伸びる細い脚には若さが漲っていた。
 モゾモゾしていた気持ちが、だんだんとムラムラに変わってきた。
 それはまるで、ソープ嬢と部屋に向かうエレベーターの中のような、そんな興奮によく似ていた。

ナース1_convert_20141107202028

 エレベーターのドアが開くと、浴室がある最上階のエレベーターホールには、既にモワモワした湿気と石鹸の香りが漂っていた。

「はい、森川さぁーん、お部屋に帰りますよー」

 百キロはあろうかと思われる巨体の看護婦が、窓の外をボーっと見つめているメザシのように痩せこけた老人の耳元でそう叫び、それがホール全体に響いていた。
 廊下の向こうから、両脚にギプスをした患者がカラカラと車椅子を鳴らしながらやって来た。浴衣姿の患者の頭からは湯気がほやほやと立ちのぼり、その頬は赤く火照っていた。

「丁度今出たとこよ。グッドタイミングね」

 車椅子を押す看護婦が、大井の担当の看護婦に向かってそう笑った。

「シャワーの温度は三十八度のままだからね」

 そう伝えながらエレベーターのボタンを押した車椅子の看護婦は、見るも無惨な薄汚いおばさんだった。妙に小柄で色黒で、そのごわごわとした散切りのおかっぱ頭は、吉本新喜劇の若井みどりを彷彿させた。
 ふと大井は、未だ「森川さーん」と叫び続けている百キロの看護婦と、この若井みどりを交互に見た。そして今自分の前に立っている若いピチピチした看護婦と見比べた。
 なんとも言えない多幸感に包まれた。三人の看護婦のナース服から伸びる脚を素早く見比べながら、俺はなんてラッキーなんだと心の中で叫んだ。

「それじゃ大井さん、いきましょう」

 そう言いながら若い看護婦が歩き出した。
「ああ、はい」と頷きながら大井が看護婦の後を歩き始めると、ふと車椅子の中年男の視線が、若い看護婦の尻に向けられている事に気付いた。
 そんな中年男の後頭部を見下ろしながら、(俺は今から、あの娘にチンチンを洗ってもらうんだぜ……)と、まるで小学生のような憎たらしい顔でニヤリと微笑んだ。
 そして今までにない優越感に浸りながら、堂々と看護婦の後について歩き出した大井だったが、しかし、そこでふとある不安が頭を過った。

(今の俺のチンチンは……恥垢だらけだ……)

 三日間洗っていない仮性包茎のペニスを思い出すと、大井の背筋に冷たいものがゾーッと走った。
 そんなペニスをこの若い看護婦に見られるのかと思うと足が竦んだ。あのスルメのような強烈な匂いをこの可愛い看護婦さんに嗅がれるのかと思うと、あまりの恥ずかしさにクラクラと目眩いがした。
(どうしよう……)と狼狽えながら後ろを振り向くと、エレベーターに乗り込む寸前の車椅子の中年男が、一瞬ニヤッと笑った。
 それを見た瞬間、今までの多幸感はたちまち恐怖に変わり、優越感はとたんに吹っ飛んだのだった。

(つづく)

《←目次》《2話へ→》

66センチ白枠愛欲小説66センチ白枠FC2バナー166センチ白枠

変態

FX
ブログパーツ アクセスランキング