FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
    やりまん3

(解説)
やりまんFILE第3話。
カフェで働くゆいちゃん19才。
ぷにゅぷにゅに柔らかいツインテールの女の子。
この娘を今から催眠術で好き放題にできると思うと、萬次郎の巨大ペニスからはダラダラと我慢汁が・・・



―6―


 昨夜、坊主頭のヤクザに散々蹴りを入れられた脇を優しくさすりながら、萬次郎は6畳一間の寮の片隅で、煎餅布団にひっくり返りながら黒い手帳をパラパラと捲っていた。
 息をする度に肺の肋骨辺りがズキンと痛んだ。
 しかし、そのおかげで、当分の間、堂々と工場を休む事が出来るようになった。
 顔をボコボコに腫らした萬次郎は、この休みを利用して、この手帳に書いてある女達を片っ端からヤリまくってやろうと密かに企んでいたのだった。

 診断書は全治一週間だった。肋骨も全然折れてなかった。
 萬次郎は、診断書を工場長に提出しながら、「しばらくの間、実家で療養して来ます」と、いかにも死にそうな表情で嘘を付いた。そして、わずかながらの見舞金を工場長から掠め盗ると、ピンピンした体で寮を後にしたのだった。

 新宿東口の喫茶店で黒い手帳を見つめる萬次郎は、まずはどの女から喰ってやろうかと手帳に書かれた女達の個人情報をもう一度順番に見直した。
 一人一人の個人情報を眺めていると、その女がどんな女なのだろうかと言う妄想が膨れ上がり、既にその時点で萬次郎のちんぽの先はヌラヌラと濡れた。
 ムハムハと興奮してしまった萬次郎は、とりあえず、まずは簡単に1発抜いておこうと思い、勤務先や住所が新宿と書かれている女を探す事にした。

 新宿の女は、昨夜のあざみちゃんの他に2人いた。

『名前・箕輪ゆい/年齢・19才/住所・東京都杉並区東高円寺・・・/携帯・090-1295-8・・・/勤務先・パーラーいすず新宿店/暗号・家庭の医学は役立たず』

『名前・田中順子/年齢・23才/住所・東京都新宿区・・・/携帯・090-7723-8・・・/勤務先・新都物産株式会社OL/暗号・また携帯をトイレに落としましたよ竹中君』

すかさず箕輪ゆいという19才の少女に目を付けた。パーラーいすずなら、ここから歩いても数分だ。とにかく彼女の顔を見てから決めようと、東口の喫茶店を後にしたのだった。


 パーラーいすずは、どことなく70年代の雰囲気を漂わせるオシャレなカフェだった。
 客はほとんどが女性で、いや、よく見ると全員が女性で、男の客は萬次郎1人だけだった。
 窓際の小さな席にその暑苦しい太った体を押し込んだ萬次郎は、メニューを見るフリをしながら店内をソッと見回した。
 真っ白な店内には、鮮やかなオレンジ色をしたエプロンの店員が3人いた。どれも若くて可愛い。その中でも、萬次郎は、ほんわりと茶髪に染めた髪をツインテールに縛った小さな女のコが気に入った。
 まるで妖精のように可愛い少女だ。

 そんな萬次郎のテーブルには、ストレートに髪を肩まで伸ばした綺麗系の女の子がやって来た。
 彼女は、このオシャレな店の雰囲気には似合わない薄汚い萬次郎を、横目でチラッと見ながら「何にいたしますか?」とサラリと言った。

「あぁ・・・じゃあ・・・えっと・・・アイスティーを・・・」

 本当は、『生クリームとバナナのビッグチョコアイスパフェ』というのを注文したかったが、しかし、さすがの萬次郎でもそのくらいの空気は読めた。ここで自分がそんなモノをムシャムシャと喰い始めれば、瞬く間に店内は恐怖の坩堝と化すのだ。
 萬次郎は、飲みたくもないアイスティーを注文すると、すかさずその髪の長い娘に聞いた。

「この店に、箕輪ゆいさんってお見えになりますか?」

 さっさと立ち去ろうとしていた黒髪少女は、一瞬戸惑った表情を見せながら、「はぁ・・・」と小さく頷いた。そして、訝しげに萬次郎の額の汗をジロジロと見つめながら、「呼んで来ましょうか?」と、恐る恐る言った。
「はぁ・・・できれば・・・」
 おもわずそう答えてしまった萬次郎だったが、しかしまだ何の作戦も出来ていない。
 ゆいちゃんが来たらなんて話せばいいんだよ・・・などと焦りながら、慌ててグラスの水の一口でゴブっと飲み干すと、斜め前の席でそれをジッと見ていた女子高生が恐ろしそうにキュッと眉を顰めた。

 店の奥の観葉植物の裏で、黒髪少女とツインテールの女の子がヒソヒソと話しているのが見えた。
 2人は、観葉植物の葉っぱの隙間から萬次郎をジッと見つめながらヒソヒソと言葉を交わしている。
 萬次郎は、あのツインテールの女の子が箕輪ゆいである可能性が高いと思うと、大声を出して泣き出したいくらいに嬉しかったが、しかしそんな事をすれば、斜め前の席にいる女子高生が失神してしまうといけないだろうからと泣き叫ぶのを遠慮した。

 観葉植物の裏から2人の少女に見つめられながら、萬次郎は慌てて黒い手帳を取り出した。
 何か、話しのきっかけはないものかと、黒い手帳に記されている箕輪ゆいのデーターをもう一度読み直す。
 ふと、住所の欄に東高円寺と書いてあるのを見た萬次郎は、以前、あの辺で下着泥棒を繰り返していたのを思い出し、東高円寺の町並を頭に思い描いた。

(確か、あの時は・・・パンツを盗んだ後、近くの大きな公園のベンチでセンズリしたはずだ・・・あの公園、なんて言う名前だったっけなぁ・・・あっ!そうだ、確かその公園の裏に小学校があったんだ、そこで用務員のおっさんに追っかけられた事があった!で、公園の前にももうひとつ小学校があって、どうしてこんな近くに小学校が2つもあるんだ?って思ったんだ!そうだ、そうだ、2つ並んだ小学校だ・・・・)

 そうこうしていると、ツインテールの女の子は恐る恐る観葉植物の裏から出て来た。そして戸惑いながらも萬次郎のテーブルに近付いて来た。

「箕輪ですけど・・・」
 ゆいはオレンジ色のエプロンにシルバーのおぼんをあてたまま突っ立っていた。そして不審そうな表情で萬次郎の顔を覗き込む。
「久しぶり・・・元気だった?」
 坊主頭をタンコブだらけにした萬次郎は、何も考えずにいきなりそう笑った。そんな萬次郎を見たゆいは、その穫れたてのじゃがいものような見知らぬ男に益々ビビった。
「どこかで・・・お会いしましたか?・・・」
 ゆいはシルバーのおぼんで防御するかのように、おぼんを胸に押し付けながら怪訝そうに萬次郎にそう聞いた。そんなゆいの真っ白で柔らかそうな頬は生クリームのように輝いていた。
「池島ですよ、覚えてませんか?」
 萬次郎はデタラメな名前を言った。萬次郎は焦ってデタラメな名前を使う時は、決まって池島か高倉だ。
「池島さん・・・ですか?」
 そう言いながら首を傾げるゆいは、まさしく妖精系の美少女だった。
「ほら、東高円寺の公園近くの小学校で一緒だったじゃない・・・」
 公園近くの小学校と言えば、どっちの小学校とも言えるだろうとタカをくくっていた萬次郎は、東高円寺周辺に小学校が20校も点在している事実を知らない。
「小学校?・・・」と首を傾げていたゆいだったか、しかししばらくするともうどーでもよくなったのか、「あぁ、はい・・・」と引き攣った表情で頷きながらも萬次郎に愛想笑いを浮かべた。
 そんなゆいを見て、とたんにホッとした萬次郎は、「いやぁ、偶然この店に来たんだけど、ゆいちゃんに良く似たウェイトレスさんがいたから、もしかしたらそうかなぁ~なんて思って、聞いてみたんですぅ」などと呑気なデタラメを吐いた。
 そうしながらも、萬次郎はゆいの足下から頭のテッペンまで素早く観察した。

 顔はかなり可愛い。リカちゃん人形を思わせるその大きな目。プリンと弾力性のありそうな薄ピンクの唇。そして透き通るように白い頬は、まるで赤ちゃんのようにプニュプニュと柔らかそうだった。
 しかもスタイルも良かった。小さいながらもスラリと伸びた背には、顔、腕、胴、足、が均等に取付けられ、まるでフィギュアのように完璧だった。エプロン越しにプクッと膨らんだ胸は手の平サイズで、ショートパンツから伸びる足は細いながらもムチムチとし、そのムチムチ感はベッドに入ったらさぞかしエッチになるだろうと予感させた。
 そしてなによりも、ゆいが醸し出しているその雰囲気がいい。ふんわりとした少女でありながらも、しかしメイクやヘアースタイルは狂いもなくキッチリと決めている。そう、ゆいはオシャレで可愛い妖精のような都会の女の子なのだ。
 萬次郎は、そんなゆいを見つめながら、思わずいやらしい想像を思いめぐらせてはアレコレと卑猥に視姦し、そしてぐひひひひっと下品な笑顔を見せた。
 そんな薄気味悪い萬次郎の笑顔に、ゆいだけでなく斜め前に座っている女子高生も同時に「ギョッ」と表情を硬直させた。

「そ、それでは・・・ごゆっくりどうぞ・・・」

 ゆいは、顔を硬直させたまま愛想笑いを浮かべ、そのまま店の奥へと飛ぶように逃げて行った。
 萬次郎は、そんな可愛らしいゆいの声を、じんわりと心で溶かすように受け入れ、もうすぐあの可愛い声が卑猥な声に変わるのだと想像しては、1人密かに身悶えたのだった。


―7―


 店を出た萬次郎は、さっそくパーラーいすずの裏口を探した。しかし、パーラーいすずがあるビルは、隙間なくビルに囲まれており、従業員用の出入口らしき裏口は見当たらなかった。
 と言う事は、バイトを終えたゆいは必ずこの階段を降りてくるはずだ。そう思った萬次郎は、階段が見わたせる歩道の隅にソッと身を隠し、ゆいが出て来るのをジッと待ち伏せしたのだった。

 どれくらい張り込みをしていただろうか、萬次郎は携帯を開いて時計を見ようとすると、パーラーいすずの白い階段がいきなりパッと明るくなった。
 そこを輝かせていたのはまさしくゆいだった。
 ヒラヒラっとした赤いミニスカートにブーツ。ツインテールを下ろした茶髪がやたらといやらしい、そんな可愛い私服に着替えたゆいは、渋谷のギャル系キャバで働けば瞬間でナンバーワンとなり、とたんに胡散臭い芸能スカウトマン達が群がるだろうと思われるほどの可愛さだった。

 そんなゆいに見とれていた萬次郎は、慌てて携帯の時計を見た。時刻は6時10分。このまま家に帰ってくれるかどうかが問題だった。
 萬次郎は駅方面へ向かうゆいの後を追った。ゆいは恐らく電車に乗る。自宅に帰るのであれば電車を降りた駅で作戦を実行すれば良いが、しかし、この後に友達と会うなんてことになるとこれまた厄介だ。またしても張り込みをしなくてはならないのである。
 そんな事を考えながら、萬次郎はゆいのミニスカートから伸びる生足をジッと見つめつつ尾行したのだった。

 上手い具合にゆいは駅に行ってくれた。
 そんなゆいが乗込んだ電車は会社帰りのサラリーマンがムンムンと詰まっていた。
 ゆいを見逃してなるものかという必死な萬次郎は、そんなサラリーマン達を掻き分けて進んでいるうちに、気がつくとゆいの真正面に辿り着いてしまっていた。

 ゆいは吊り皮にぶら下がりながら、ぼんやりと携帯を覗いていたが、しかしいきなり目の前に現れた萬次郎と目が合うなり急にギョッとその目を大きく開いた。
 ゆいと目が合うなり、「あれ?」と、わざと驚いてみせる萬次郎は、「奇遇だなぁ」などと言いながら、あたかも後からグイグイと押されているようなフリをしながらゆいに密着した。
 あと数センチも近付けばキスができるくらいまで近付く萬次郎に、ゆいは明らかに恐怖の表情を浮かばせた。そして、そんな萬次郎に背を向けようと体を捻らせたが、しかし、不運にもゆいの小さな体はサラリーマン達に圧迫されており、首をひねるだけが精一杯だった。

 身動きできないゆいは、近寄って来る萬次郎の顔を防御するかのように2人の顔の間で携帯を開き、ニヤニヤと笑っている萬次郎を無視しながらひたすら携帯を見つめた。
 目の前のゆいから、なんともいえない甘い香りが漂って来た。これが都会の美ギャルの匂いなのかと萬次郎はその香りに酔いしれながら、同時に、そんな美ギャルのアソコはどんな匂いがするのだろうかと妄想しては巨大チンコを固くさせた。

「このまま家に帰るの?」

 萬次郎は、キラキラとデコレーションされた携帯に向かって呟いた。
 携帯をほんの少しズラし、そこから大きな目でジッと萬次郎を見たゆいは「そうです」と冷ややかに答えた。
「良かったら、お茶でもしませんか?」
 萬次郎はゆいを誘った。普通なら、女の子を誘うなど絶対に出来ない小心者の萬次郎だったが、しかし尻のポケットに黒い手帳がある限り、今の萬次郎はイケイケの強気だ。
 ゆいは、ガードしている携帯から洩れてくる萬次郎の口臭に耐えられないのか、静かに俯きながら「結構です」とキッパリ断った。

(ふん。そうやって強気でいられるのも今のうちだぜ・・・もうすぐオマエは、メス豚のように涎を垂らしながら僕のこれを欲しがるのさ・・・)

 萬次郎はそう思いながら不敵に微笑むと、ゆっくりと腰を突き出し、そのガッチンガッチンに勃起した巨大チンコをゆいの体に押し付けた。
 それは丁度ゆいのヘソの辺りに押し付けられていた。萬次郎の股間にゆいの柔らかな腹の感触が伝わって来る。
 ひひひひひっと小さな声を出して笑う萬次郎に、ゆいは、携帯で顔をガードしたまま「やめて下さい」と、ポツリと呟いた。
 その声がこれまた堪らなく可愛かった。今にも射精しそうな萬次郎は、一刻も早く目の前にあるこの柔らかな妖精に触れたくて堪らなかった。

 電車を降りると、ゆいはブーツをツカツカと音立てながら早足で駅を出た。
 駅前の商店街を歩くゆいは、時々怯えながらも足を止めては後を振り返っていた。
 そして萬次郎がいない事を確認すると、ホッと安心した表情でまた歩き出した。しかし萬次郎は、ゆいに見つからないようにちゃっかりと尾行していたのだった。

 どこで暗号を言うかが問題だった。
 もたもたして、自宅に入られてしまってはもう手の出しようがない。かといって、こんな人通りの激しい場所でいきなり欲情されても困る。
 萬次郎は、どこか最適な場所はないものかと、そのタイミングを見計らっていた。
 商店街を抜け、住宅街をそのまま進むと大きな団地群に出た。ゆいの自宅はこの団地なのだろうか、ゆいはそのマンモス団地へと向かう大きな階段をさっさと上って行く。
 もうここしかチャンスは残されていなかった。幸い、そのマンモス団地には所々に小さな公園があり、緑に囲まれた人気のない遊歩道も多い。そんな遊歩道の茂みに隠れながら尾行していた萬次郎は、ゆいが『D3』と記された団地に向かう1本の遊歩道に入り込んだのを見ると、辺りに人の気配がないのを確認しつついきなり茂みから飛び出したのだった。

(つづく)

      <<目次へ戻る  4へ続く>>


エロFC2ランキング

↓おもしろい!!と思ったら拍手で教えて下さい!!今後の参考にさせて頂きます!!
変態

FX
ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。