FC2ブログ
    やりまん12

(解説)
やりまんFILE最終話。
愛するマリちゃんを必死で守る萬次郎。
「もうこんな手帳はくそっくらえだ!」
そう叫ぶ新宿の空を、真っ黒なカラスの大群が埋め尽くした。
長編変態小説、怒濤の最終話。



―31―


 萬次郎は、遠くにいるマリを見つめながら、背後のカッパハゲに「俺が・・・」と呟きながらベンチを立ち上がった。そして、ゆっくりと後ろに振り返ると、「あのコをイイ場所に誘導してやる」と自信満々でそう言った。
「い、いい場所って、どこだよ・・・・」
 そう尋ねるカッパハゲの目が泳いだ。

「ふん。どうせあんたは何の計画もないままただ尾行してただけなんだろ?このままだと、あのコ、電車に乗って看護婦寮に帰っちまうぜ。寮に入られたら、たとえ黒い手帳を持ってても、手も足も出ねぇ・・・」
 萬次郎がそう言うと、カッパハゲは「だ、だから、い、いい場所ってのはどこだよ!」と、興奮気味に、穴だらけの顔を萬次郎に近づけて来た。

「あそこだ・・・ほら、あの雑木林の奥に旧公衆便所が見えるだろ・・・あの古い公衆便所に、俺があのコを誘導してやるよ。・・・あの便所は今、使用禁止だ。だから誰にも邪魔されずにゆっくりと楽しめる・・・どうだ?」
 萬次郎はそう言いながら、お稲荷さんの祠の裏にある、ボロボロに朽ち果てた小さな木造の便所小屋をソッと指差した。

「しかし・・・」と、カッパハゲは疑うように萬次郎の顔を見た。
「心配するな。俺はあんたが終わった後でゆっくり楽しませて貰うから、あんたの邪魔はしないよ」
 萬次郎が笑顔でそう言うと、カッパハゲの穴だらけの顔から疑いの表情がスーッと消えた。
「悪りぃなぁ、せっかくあんたがあのコをここまで誘導したってのに、俺が先に頂いちまってよ・・・」
 カッパハゲは嬉しそうに笑いながら、ハゲた頭をカサカサと掻いた。相変わらずのバカだ。
「気にすんな。この間のお詫びだ。じゃあ、俺はさっそくあのコを旧便所に誘導するから、俺が合図するまでここで待ってな・・・」
「わ、わかった。よろしく頼むぜ兄弟」
 カッパハゲは、舌で唇をペロペロと舐めながら嬉しそうにそう言った。

 こんな男に『兄弟』と呼ばれる筋合いはないが、しかし、同じ黒い手帳を持った者同士と考えれば、まぁ、穴兄弟には違いない。萬次郎はそんな事を考えながら、マリに向かってゆっくりと歩き出し、つくづくこのカッパハゲがバカで本当に良かったとほっと胸を撫で下ろしたのだった。

「あの役場、鍵が掛かってて、誰もいませんでした・・・」
 近付いて来る萬次郎に、マリは少女が忘れ物をした時のような困った表情でそう言った。
「あぁ、もうこの時間だと、役所の奴ら帰っちゃったかも知れないですね・・・」
 そう答えながら萬次郎が近付くと、マリは、気持ち下半身をモジモジとさせながら、ほんの少しだけ背筋をブルブルっと震わせた。

「じゃあ、あそこの古い公衆便所、使いましょうか」
 萬次郎はお稲荷さんの祠の裏にある、雑木林に囲まれた不気味な小屋を指差した。

e0028292_094937.jpg

 マリは、そんなボロ小屋を見て一瞬キュッと眉をしかめた。
「い、いぇ、私、近くのデパートで・・・」
 動揺を隠し切れずに慌ててそう答えるマリに、萬次郎は「早く行きましょう。大丈夫ですよ、誰も来ないように僕が見張っててあげますから」と強引にマリの手を引っ張ったのだった。
 古い便所小屋の入口に立てかけられていた『使用禁止』の札をガサッ!と乱暴に引き千切った萬次郎は、その便所から漂って来る糞尿の香りを素直に懐かしいと感じた。

 その便所は、萬次郎がトイレ盗撮マニア時代にいつも通っていたトイレだった。
 古い建物のせいか、個室の壁の下がかなり開いており、軽くひょいっと覗くだけで中が丸見えになるという、ノゾキマニアにとったら古き良き時代の産物だ。

「僕、少し離れた所から誰も来ないように見張ってますので心配しないで下さい」
 萬次郎はそう告げると、トイレの入口でモジモジしているマリを残してさっさと引き上げてしまった。
 素早くお稲荷さんの角を曲がると、穴だらけの醜い顔が「どうだった・・・」と待ち受けていた。

「大丈夫だ。ウマくいった」
 萬次郎がウインクすると、カッパハゲは嬉しそうにズボンのベルトをカチカチと外し始めた。
 そんなカッパハゲに「そう焦るなよ」と笑いかける萬次郎は、「とりあえず、暗号掛ける前に、彼女のチョロチョロを、ちょいと拝見しねぇか?」とカッパハゲに提案すると、カッパハゲは下品な笑みを浮かべながら「いいねぇ~」と笑った。

 2人は、お稲荷さんの祠の影からソッと覗きながら、マリがボロ小屋便所に入ったのを確認すると、足音を忍ばせながら便所に向かって歩き始めた。
 便所小屋の前に行くと、便所の中から、バタン・・・という、個室の木戸を閉める音が響いた。
(よし・・・)と萬次郎はカッパハゲに合図をすると、2人は息を殺しながら便所小屋の中へと入って行った。
 そんな便所小屋の中は、以前、萬次郎が忍び込んでいた時と何一つ変わっていなかった。
 数年前、あるドジなノゾキマニアがこのトイレで盗撮した写真をインターネットの画像掲示板に載せたのが大騒ぎとなり、マニア達から聖地と言われたこの『花園ノゾキ小屋』は惜しくも閉鎖された。それからというもの、この小屋は変態達の情報交換の場として使われ、露出愛好者や妻貸しマニア達から重宝されている小屋だった。

 狭い便所小屋の中には、小さな洗面所が2つと、男子用便器が3つ。そして、卑猥な落書きだらけの個室が2つ並び、なぜだか洗面所の壁には、『男はつらいよ』の古い映画ポスターが張られ、その洗面所の前には、まるで西洋の鉄兜のような形をした大きな木炭ストーブが捨てられたように放置されていた。
 そんな物置と化した便所小屋の天井には、球の切れた裸電球がいくつもぶら下がり、そして、もう何年も取り替えられていないと思われる『ハエ取り紙』が、ビッシリと蝿がくっ付く真っ黒な姿を風にブラブラと靡かせながら不気味に揺れていた。

 その便所小屋の中に2つある個室は、奥の個室の木戸だけが閉まっていた。今頃マリはあの薄汚い奥の個室で、恐る恐るパンティーを下ろしている頃だろう。
 もうひとつの個室の木戸を、音ひとつ立てずにソッと開けた。
 さすがはノゾキ歴の長い萬次郎だ、その腕前はまだまだ衰えていない。
 狭い個室の奥へカッパハゲを入れ、その後に萬次郎が入り、そして再び音を立てずに木戸を閉めた。

 2人は、興奮で溢れて来る荒い息を必死に押し殺し、個室の壁の下に開いている15センチほどの隙間を静かに覗き込んだ。
 隣の個室のマリの細い足首が見えた。和式便器を跨いだまま立ちすくんでいるマリは、何を躊躇っているのかなかなかパンティーを下ろして便器にしゃがもうとはしなかった。
 萬次郎がチラッと横目でカッパハゲを見ると、カッパハゲはドス黒く汚れたコンクリート床に頬を押し付け、実に卑猥な表情でニヤニヤと笑いながら覗いている。
 今からこの激カワ看護婦を好き放題にヤリまくれると考えると嬉しくて堪らないのだろう、カッパハゲはいつもの癖で唇をペロペロと舐めるが、しかし床に頬を押し付けているため、その舌は唇と同時にコンクリート床もザラザラと舐めていた。

(便所コオロギみてぇな野郎だ・・・)

 萬次郎は、自身も変態ではあるが、カッパハゲのような知性を感じられない下品な変態は大嫌いだった。
 しばらくすると、ついに我慢できなくなったのか、マリはカサカサっと乾いた音を響かせながらスカートをたくし上げた。足下の隙間から覗いている萬次郎達にはそのシーンは見えないが、しかし、その音は2人を激しく興奮させる起爆剤となった。

 立ったままスルスルスルっと膝までパンティーが下げられた。
 真っ白に輝くマリのパンティーは、看護婦に相応しい清潔な雰囲気を漂わせていた。
 パンティーが膝で止まると、いよいよマリの下半身が降りて来た。
 スッと便器を跨いでしゃがんだ股間はちょうどいい具合に開き、あたかも隣の個室の変態達に見て下さいと言っているような、そんな変態チックな姿勢だった。
 栗毛色の薄い陰毛が、真っ白な肌に乱雑に生え揃い、その猥雑感を一層引き立てていた。
 陰毛の奥で隠れるようにしては、ひっそりとプクッと膨れているクリトリスが見えた。
 その下にある膣は、グロテスクな姿を晒しながらも、しかし、白桃のように薄ピンクに輝いていた。

 シュッ!と最初のひと吹きが発射された。小便が噴き出される瞬間、白桃のような膣がヒクッと痙攣し、同時に※印の肛門がこんもりと膨れ上がった。
 一呼吸置いた後、シャーッ・・・・と一気に噴き出されたマリの聖水。
 その雫は、膣の回りに生えていたフワフワの陰毛を濡らし、そして薄ピンクの『蟻の門渡り』を肛門へ伝いながらもその手前でポタポタと便器に垂れ落ちた。

「今からあの中にぶち込んでやるからな・・・・」
 そう呟くカッパハゲの小さな呟きは、便器に降り注ぐマリの小便の音で掻き消されていた。
 ヒクッ・・・ヒクッ・・・と白桃のワレメが痙攣し始めると、小便はチロチロっと威力を弱め、そしていきなりピタッと止まった。

 いよいよだ。
 マリがバッグの中からポケットティッシュを取り出し、それでポンポンポンと膣を優しく拭いていると、カッパハゲがガバッ!と萬次郎を見上げ、「行くぞ」と黒い手帳を取り出した。
 湿ったティッシュをポイッと便器の穴の中に落とし、パンティーをスルスルスルっとあげながらマリが立ち上がった瞬間、萬次郎はカッパハゲに「今だ、暗号を言え」と囁いた。

 カッパハゲが「えっ?ここでか?」と慌てながらも、急いで手帳を開いた。そしてカッパハゲは手帳にズラリと並ぶヤリマンデーターに指を走らせ、マリの暗号を探し出し出すと、個室の壁の隙間に口を近づけながら「さらばベジタリアンの男よ!」と大きな声で叫んだのだった。
 一呼吸置いて、隣の個室からガタン!という音が聞こえた。
 恐らく、催眠術がかかったマリがフラッと壁に体をぶつけたのだろう。

「かかった!」
 カッパハゲが嬉しそうに叫んだ。
 その瞬間、萬次郎はカッパハゲの手から黒い手帳をスッと抜き取り、それを汲取便器の穴の中へサッと落とした。
「あわわわわわっ!」
 慌てたカッパハゲは、深い穴の中へ落ちて行った黒い手帳を掴もうと、ガバッ!と体を伏せながら汲取便器の暗い穴の中に手を押し込む。

 今だ!と、ばかりに萬次郎は個室を飛び出した。
 そしてカッパハゲを個室に残したまま慌てて木戸を閉め、急いで洗面所の前に置いてあった西洋の鉄兜のような大きな木炭ストーブを、ズリリリリリリっ!とデブの馬鹿力で引きずると、それを個室の木戸の前に置き、カッパハゲを個室の中に閉じ込めてしまった。

「あーっ!」と叫びながら、カッパハゲが中から木戸をガンガンガン!と叩きまくる。
 そして「あーっ!そーいう事?そーいう事ね?また独り占めする気ね?へぇーおまえってそんなに卑怯なヤツだったの?」などと、まるで学校のトイレに閉じ込められたイジメられっ子の少年が、閉じ込めたイジメっ子を必死に諭すかのようにそう叫びながら、激しく木戸に体当たりし始めた。

 萬次郎は、便所小屋にガンガンと響くその音に、まるでジェイソンに追いかけられていた金髪白人ソバカス少女のように怯えながら、急いで隣の個室の木戸を開けた。
 個室の中では、壁に凭れたマリがボンヤリと天井を見つめていた。
「おい!逃げるぞ!」と萬次郎はマリの手をおもいきり引っ張った。マリは夢遊病者が連行されるかのようにフラフラしながら個室から引っぱり出され、そのまま萬次郎に手を引かれるまま便所小屋を飛び出したのだった。

 玉砂利を蹴りながらマリの細い腕をしっかりと掴む萬次郎は、なにか無性に可笑しくなって来た。
 カラスの襲撃を受けたばかりのカッパハゲが、今度は立ち入り禁止の廃墟便所に閉じ込められる。
 あいつにとって黒い手帳は酷い災難だ、と思うと、声を出して笑わずにはいられなかった。
 爆笑しながらふと後のマリに振り向くと、催眠術がかかったマリは、そんな萬次郎を見つめたまま、釣られるようにクスクスと笑い出したのだった。


―32―


 花園神社から新宿ゴールデン街へと飛び込んだ。この辺は迷路のように細い路地が入り組んでいるが、萬次郎にとったら馴れたテリトリーだった。
 いくつものビルの隙間をねずみのように走り抜けた。バラックのゴールデン街を裏からすり抜け、四季の道へと出ると、そのまま巨大な雑居ビルの隙間に潜り込んだ。

 デブの萬次郎は既にヘトヘトだった。バケツの水を頭からぶっ掛けられたかのような汗は、トランクスさえもベタベタに濡らし、それが太ももに張り付いてはまったくもって走りにくかった。
 雑居ビルの隙間でハァハァハァ・・・と肩で大きく息を切らせていると、そんな萬次郎の汗でベトベトになったTシャツの背中をマリが優しく擦ってくれた。
 ゆっくりとマリに振り向いた萬次郎が「大丈夫?」と聞くと、マリは妖精のようにフワフワとした笑顔を見せながら「うん・・・」と小さく頷いた。

(メチャメチャ可愛い・・・・今、このコは黒い手帳の魔術にかけられているんだ・・・って事は、今ならこのコと思う存分ヤる事ができる・・・・)

 萬次郎はハァハァと息急きながら、マリのブラウスの胸の膨らみにソッと手をあててみた。一瞬、マリの体がビクッと揺れ、マリは静かにキュと目を綴じたが、しかしすぐにゆっくりとその大きな瞳を開くと、萬次郎をジッと見つめたまま「ふうっ」と声を出して優しく微笑んだ。

(ヤリたい!どんなことがあってもヤリたい!)
 激しくそう思った萬次郎だったが、しかし、こんな場所では今にもカッパハゲに見つかってしまいそうで落ち着かない。かといって、のんびりしている暇はない。マリと過ごす甘い時間は、たったの2時間しかないのだ。

「ねぇ・・・ここはどこ?・・・」
 焦っている萬次郎に、マリがそう囁きながら首を傾げた。
 その仕草があまりにも可愛くて、おもわず萬次郎はマリのそのプルンプルンの唇に吸い付いた。
 新宿の雑居ビルの隙間で濃厚なディープキッス。激しく絡み合う舌と舌がペチペチと独特な音を薄暗いビルの隙間に響かせていた。

 マリの小さな口の中からゆっくりと舌を抜き取ると、口を半開きにしたままのマリは「ふーっ・・・」と熱い息を吐いた。すかさずマリのスカートの中に手を入れパンティーの中を弄った。
 催眠術が効いているらしく、マリのソコはカッ!と熱く火照り、そしてドロドロの汁がパンティーの中に大量に溢れていた。

 もう我慢の限界だった。
 萬次郎はマリのボンヤリとした顔を覗き込むと、「お金、いくら持ってる?」と尋ねた。萬次郎は近くのラブホにしけこもうという魂胆なのだ。
「・・・いくら?・・・」
 マリは言葉の意味が読み取れないのか、そう言いながら首を傾げた。
「財布。そのバッグの中に財布があるでしょ?その中を見せて?」
 萬次郎はそう尋ねながらも、時間を惜しむかのようにマリのブラウスの中に手を入れては固くなった乳首を転がしていた。

 マリは弄られる乳首に、時折「やん・・・」と可愛い声を出しながらも、バッグの中から財布を取り出しそれを萬次郎に渡した。
 財布の中には2万6千円入っていた。これだけあれば近所のラブホなら十分だ。
 萬次郎は財布の中から2万円を抜き取ると、6千円になった財布をバッグの中へ戻していると、ふいにマリが呟いた。

「マリ・・・どうしてここにいるの?・・・」

 小動物のように首を傾げながら、大きな瞳で萬次郎を見つめた。
「キミは僕と結婚したんだ。だから一緒にいるんじゃないか」
 萬次郎がそうデタラメを言うと、マリは「結婚?・・・」と、不思議そうな目で萬次郎の顔を覗き込んだ。
(なんという可愛い女なんだ・・・・)
 萬次郎はそんなマリの大きな瞳を見つめながら、『結婚』と言う言葉に少女のように反応したその純粋な瞳に胸がグッと締め付けられた。

(いったい、どんな男がマリの名前を黒い手帳に書き込んだかは知らないが、しかし、これほどまでに可愛いマリを見ていると、書き込んだ男の気持ちが痛い程わかるよ・・・。マリは、その男に催眠術をかけられ、どんな事をされたのだろう?いや、その男だけではなく、今まで黒い手帳を手に入れた男達にどんな目に遭わされて来たのだろう・・・)

 萬次郎はマリの瞳を見つめながらそう想像すると、自分も黒い手帳を悪用して散々マリに変態行為をしたそのうちの1人でありながらも、しかし、今までになく無償に切なくなってきた。
「結婚・・・・」ともう一度呟くマリに、萬次郎は「ごめんよ・・・」と言いながら、マリの細い体をギュッと抱きしめた。
 そして、何度も何度も「結婚」と呟いているマリに、「そうだ、僕達は今ここで結婚したんだ。だからもう、この糞ッたれな東京を出て、東北へ帰ろう」と言うと、ガバッとマリの体を離し、もう一度マリの顔を覗き込んだ。

「帰る?・・・病院に帰るの?・・・」
「いいや違う。キミはこの東京にいたら、いつまでもいつまでも黒い手帳の男達に酷い目に遭わされるんだ。だから、今すぐ僕と一緒にこの東京から出て、秋田に帰ろう」
「秋田!」
 マリの顔が一瞬パッと明るくなった。
「そうだ、秋田だ!ナマハゲの故郷の秋田だ!今から2人で秋田に行くんだ!」
「うん!」
 マリは子供のように嬉しそうにはしゃぎ、そして萬次郎の汗だくの体に「秋田!帰る!結婚!」と叫びながら抱きついて来た。

 するといきなり、2人が隠れていた雑居ビルの前の路地から、グチョッ・・・グチョッ・・という、なにやら妖怪が歩くような、なんとも不気味な足音が近付いて来るのが聞こえた。
 萬次郎がビルの壁からソッと外を覗くと、そこには全身糞まみれのカッパハゲが、靴の中からグチョグチョと糞尿の音を立てながらこちらに向かって歩いてくるのが見えた。

(恐らく、閉じ込められた個室の隅にあった、あの、汲み取り便所の底へと続いている穴の蓋を開けてはそこから地下に潜って糞尿の中から黒い手帳を探し出し、汲取口から這い出して来たのだろう・・・・)
 そんな糞尿だらけのカッパハゲの執念に萬次郎はゾゾゾっと背筋を凍らせた。

「くっそう・・・あの豚野郎・・・どこに行きやがったんだんだ・・・ちくしょう・・・ぶっ殺してやる・・・」
 2人が隠れているビルの隙間を、そう呟きながら通り過ぎて行くカッパハゲの手には、やはり糞尿の中から探し出したであろう黒い手帳と、そしてギラリと光るサバイバルナイフが握られていた。

 とたんに足が竦んだ萬次郎は慌てて息を殺した。
 しかしそんな事を知らないマリは・・・・
 カッパハゲがビルの隙間を通り過ぎた瞬間、「秋田に早く帰ろ!」と、叫んでしまったのだった。
「あっ!」
 マリの声に慌てて振り向いたカッパハゲは、ビルの隙間で踞っていた2人を見つけるなりそう叫んだ。
「逃げろ!」
 萬次郎はマリの細い手を引きながら、粗大ゴミが散乱する雑居ビルの奥へと走り出した。
「待て!この豚野郎!」
 カッパハゲはグチャグチャと不気味な足音を響かせながら、サバイバルナイフを不気味に輝かせながらビルの隙間の細い路地に飛び込んで来た。

 催眠術をかけられたままのマリは、もの凄い勢いで萬次郎に手を引かれながら、そのままドテッと路地に転がった。
「大丈夫か!」
 萬次郎は路地にひっくり返っているマリを抱き起こすと、「背中に乗れ!」とマリに大きな背中を向けた。
「ほっ!ほっ!ほっ!ほっ!」
 ゴミを掻き分けながら追いかけて来るカッパハゲは、遂にトチ狂ったのか、なぜかインデアンのような声を張り上げながらナイフを振り回していた。

「うひゃひゃひゃひゃひゃ!」
 カッパハゲの気味の悪い奇声が背後に迫って来る。

dsc41489.jpg

 マリを背中におぶった萬次郎は、狭い路地を塞いでいる粗大ゴミを、まるでブルートーザーのように押し潰しながら猛突進した。バリバリガタガタガッシャーン!と砕ける散る粗大ゴミの欠片が、上手い具合に後ろに迫ってくるカッパハゲの行く手を塞ぎ、その度にカッパハゲはその粗大ゴミをサバイバルナイフでバリバリと切り刻んだ。
 そのまま猛ダッシュでビルの隙間を走って行くと、やっと出口が見えてきた。しかしその出口には、ビルのテナントのエアコンの室外機がいくつも並べられ、まるでブロックするかのように出口を塞いでいた。
 しかし、巨大デブの萬次郎の勢いには、そんな室外機のバリケードもひとたまりもなかった。萬次郎の巨体が室

外機に激突すると、積み重ねられていた室外機がガシャーン!と凄まじい音を立てて崩れ落ち、マリを背負った萬次郎は無事にビルの路地裏へと脱出できたのだった。
 そんなビルの路地裏は、萬次郎が見た事のある風景だった。
 そう、なんとそこは美咲が働く『キャバクラ・アマール』があるビルの裏手で、いつか萬次郎が、エレベーターから降りて来たヤクザに小便を引っ掛けてしまい、ボコボコにヤキを入れられた場所だった。

 マリを背負ったままの萬次郎は、そのまま裏路地を突き進み、アマールのビルの中へと突入した。
 そんなビルの中へ入ったとたん、なにやらビルの中に男の叫び声が谺していた。
 ビルのエレベーター裏にある煙草の自販機の角を曲がった萬次郎がエレベーターの前に出ると、そこには、以前、四季の道で萬次郎から美咲の暗号を盗み出した例のホームレスが、店に出勤してきた美咲の前に立ち塞がっては、美咲に向かって大声で必死に叫んでいた。
 そう、そのホームレスのおやじは、萬次郎が美咲の暗号が変更した事も知らず、「練馬・あ!・・・練馬・あ!」と、古い暗号を必死に叫んでいたのだ。

 エレベーターの前にいたホームレスと美咲は、もの凄い勢いでドドドドっ!・・・っと向かって来る萬次郎達に慌てて振り向いた。そして、そんな萬次郎の後ろから、顔が穴だらけで糞尿まみれのハゲ親父が、「ほっ!ほっ!ほっ!ほっ!」っと奇妙に叫びながらナイフを振り回して向かって来るのを見た美咲は、「ぎゃぁぁぁぁぁぁ!」とビル中に響き渡るほどの大声で絶叫したのだった。
 萬次郎はエレベーターの角を曲がる瞬間、そこに突っ立っていたホームレスのおっさんに素早く叫んだ。

「おい!おっさん!その暗号はもう効かないよ!後ろのあいつが黒い手帳を持ってる!そこに、この女の新しい暗号が書いてあるぜ!」

 ホームレスのおっさんは、そんな萬次郎の言葉に「えっ?!」と、向かって来るカッパハゲに振り返った。
 そして、素早く萬次郎へ振り返ると、走り去って行く萬次郎の背中に向かって「暗号を変える事なんてできるのかよ!」と叫んだ。
「できる!だから、あいつの持っている手帳を奪って、すぐにあんたの女房の暗号を書き換えるんだ!」
 ビルから飛び出した萬次郎がそう叫んだ瞬間、真っ赤な顔をしたホームレスは、今まさに自分の前を走り過ぎようとしているカッパハゲの前方に、通路に積んであったビールケースをガシャガシャガシャン!とひっくり返した。
 寸前で行く手を遮られたカッパハゲは、瓶が砕け散るビールケースに足を取られてフワッと空中に舞い上がると、なぜか「うはヒャ!」と嬉しそうに笑いながら飛んだ。
 ハゲ頭を輝かせながら飛んで来るカッパハゲはまるで北朝鮮のミサイルのようだった。凄い勢いでビルのコンクリートの壁に脳天をガシ!と激しく激突させたカッパハゲは、そのままその場にドテ!と落ちた。

 見事にカッパハゲの脳天はパッカリと2つに割れていた。
 白目をむいたカッパハゲの割れた頭からトクトクと溢れ出した血が、ビルの床にみるみると広がって行った。
「わ、悪いけど、黒い手帳をちょっとだけ貸してもらうよ!」
 ホームレスがそう叫びながら、ぐったりと横たわるカッパハゲのポケットを慌てて漁り始めた。
 そんなグロテスクな光景を、傍で見ていた美咲が再び強烈な金切り声を上げて叫び出したのだった。

 一瞬にしてビルの周りにはザワザワと人が集まって来た。ヤクザ、ホスト、キャバ嬢、ポン引き、密入国者、シャブ中、酒屋の親父、花屋の娘、ストリッパー、白タクの親父、変態小説家・・・・。そんな魑魅魍魎とした歌舞伎町の住人達が、頭がパックリと割れたカッパハゲを遠回りに見つめながら、写メを撮ったり笑ったり、「おい、誰か救急車呼んでやれや」などと呑気に笑って見ていた。

 すると、ひっくり返ったカッパハゲの足下で呆然と立ちすくんでいた美咲が、その人混みの中の萬次郎を見つけるなり、いきなりワナワナと体を震わせ始めた。
「デブ!豚!この疫病神!あんたが私の回りをウロチョロし始めてからロクな事がないんだよ!2度と私の前に姿を見せるな!変態野郎の臭男!死ね!ワキガ!チンチクリン!」
 狂ったように美咲がそう叫ぶと、周りにいたギャラリー達が萬次郎を見ながら一斉にゲラゲラと笑い始めた。

「お、おい!暗号、消えネェじゃねぇか!こ、これじゃあ母ちゃんの暗号書き換えれねぇよ!」
 慌てたホームレスが萬次郎にそう叫ぶと同時に、グワン!っとビルのエレベーターが開き、アマールの従業員達が血相抱えて飛び出して来た。その中には、以前、萬次郎に「今度ウチの店の回りをウロウロしてたらぶっ殺すぞ!」と凄みながら殴り掛かって来た元暴走族の店員も混じっている。

 萬次郎はマズいと思いながら、黒い手帳を破ろうとしているホームレスに向かって「破ろうとしても無駄だ!消そうとしても無理だ!書き足すんだ!暗号の横に別の文字を書き足すんだ!」と急いで教えると、すぐさまクルリと背を向け、背後に群がる人集りに向かって「すみません!開けて下さい!」と叫びながらその場から逃げようとした。

 すると「待てよブタ野郎!」という美咲の声が背後で響いた。
 萬次郎が慌てて振り向くと、美咲が萬次郎を指差しながら元暴走族の店員に「殺して!」と叫んでいる。
「あわわわわわわ!」
 慌てて逃げ出そうとする萬次郎に元暴走族が足下に転がっていたビールケースを振りかざしながら「おらぁぁぁぁぁ!」と向かって来た。

 このまま背を向けて逃げれば、あのビールケースが背中のマリちゃんに当たってしまう!・・・・と、そう思った萬次郎は、慌てて背中のマリを庇いながら元暴走族に振り向いた。そして元暴走族の後ろで仁王立ちになりながら「貧乏な豚男なんかみんな殺しちまえ!」と叫んでいる美咲に向かって、萬次郎が「練馬・あ・3252347080!脱げ!服を全部脱いでそこで股開け!」と大声で叫んだ。

「あん?何いってんだコノ野郎!股開けだぁ?上等じゃねぇか、テメェこそ、その醜い豚足を真っ二つに引き裂いてやるよ!」
 そう怒鳴る元暴走族は、ギャラリーが多い事もあってかいつもよりもテンションが高く、なにやら悪役プロレスラーの登場シーンのように、右手のビールケースを道路にバシバシと叩き付けながら萬次郎に向かって来た。
 そんな元暴走族が「俺を誰だと思ってんだ豚野郎!今はこんなナリしてっけどよぉ、俺ぁ昔、北千住で」と啖呵を切り始めた瞬間、いきなり周りにいたギャラリー達が「おぉぉぉぉ!」という歓声を上げた。

 元暴走族は自分のその歯切れのいい啖呵にギャラリー達が感動しているとでも思ったのか、ギャラリー達のその「おぉぉぉぉぉ!」を聞くなり更に高揚した。そして裏声になりながらも「俺ぁ、北千住のよぉ、最悪巨悪十三代目総長」と歌舞伎役者のように叫びながら萬次郎の胸ぐらを掴んで来たため、萬次郎は元暴走族に「あれ・・・」っと、元暴走族の後をソッと指差した。
「あぁん?」と肩を揺らしながら後ろを振り向く元暴走族。
 そこには、道路に座って大きく股を開く全裸の美咲の姿があった。

「わあっ!」

元暴走族が飛び上がった。
 美咲は真っ白な裸体をキラキラと光らせながら、股の中心にある真っ黒な物体をパックリと開き、そして頬を真っ赤に染めながらもモジモジと複雑な表情をしていた。

「ちょちょちょちょっと美咲さん!」
 元暴走族が慌てて美咲に駆け寄った。その隙に、萬次郎はソッと人混みの中に紛れ込んだ。
「み、見るな!美咲さんはウチのナンバーワンなんだ!見るなら金払え!あっ!こら!写メ撮るな!」
 そんな元暴走族の慌てた声と、ギャラリー達の一斉にドッと湧く笑い声を背景に、マリを背負った萬次郎は人混みの中を無我夢中で切り抜け、必死で歌舞伎町の表通りに飛び出したのだった。

 そんな歌舞伎町は、いつものように派手なネオンをチカチカと輝かせていた。
 この街は、何が起きようと、どんなに悲惨な事件が起きようと、いや、たとえ原子爆弾が落とされようと大地震が来ようとゴジラが現れようと、いつもと変わらずネオンをチカチカと輝かせている、そんな街だ。
 そんな街を催眠術にかかったマリを背負いながら、萬次郎はひたすら駆け抜けた。
 いくつものビルの角を曲がり、いくつもの大きな通りをすり抜けた。
 そして大きな通りの横断歩道で、赤信号で足を止めた瞬間、背中のマリが萬次郎の耳元にポツリと呟いた。

「・・・どこ行くの?」

 催眠術にかかったマリのその声は、妙に甘ったるくて優しかった。
「秋田だよ。このまま秋田まで突っ走るんだ。な、秋田に帰ろう」
 萬次郎は背中のマリに向かってそう微笑み、通りの向こうのビルに掲げてある時計をチラッと見た。

 マリの催眠術が切れるまであと1時間ほどしかなかった。
 とにかく、このまま走ろう。マリが正常になるまでこのまま走り続け、そしてマリが目を覚ましたら・・・その時はその時だ。なんとかなるだろう。
 そう思いながら横断歩道に立つ萬次郎は、最後にマリちゃんと一発ヤリたかった・・・と背負うマリの小さな尻を両手でいやらしく揉みながらそう思う。

 そんな萬次郎を後で見ていた茶髪のホスト集団が「ケケケケケ」と奇妙な笑い声をあげて笑った。
 萬次郎は、そんな後のホスト達をチラッと見ながら(キミ達のように女にモテる人達には、僕の今の気持ちはわからないだろうなぁ・・・)っとふと思い、一時間後にはまた1人になってしまうのかと、一時間後のマリとの別れをふいに想像しながら急に切なくなった。

 しかし、そんな歌舞伎町の横断歩道に立っているのは、決して女にモテそうなホスト達ばかりではなかった。
 萬次郎の目に、暗くて、豚みたいで、素人童貞で、絶対に包茎だろうと思うような、ポツンと1人ぽっちの自分に良く似た醜男達が、人混みの中にウヨウヨと潜んでいるのが見えた。

(同じ男なのに・・・人生って不公平だよな・・・)

 そう考えながらも、萬次郎は、改めて黒い手帳の事をふと思った。
 そう、あの黒い手帳は、きっとモテない醜男達を哀れんだ神様が、モテない醜男達の為だけに内緒でソッと授けてくれた尊い手帳なんだよな・・・でも、もう僕は手帳を使い切った。だから僕はもうこれ以上黒い手帳に関わっちゃダメなんだ。そう、これからはキミ達が楽しむ番なんだ・・・・・・

t_convert_20110425175651.jpeg

 萬次郎は横断歩道の人混みの中に潜む醜男達を一人一人見つめながら彼らにそう話し掛けると、これ以上、僕が黒い手帳を引っ掻き回したら罰が当たる・・・・と、金輪際、黒い手帳の事は忘れようと心に決めたのだった。
 萬次郎がそう思った瞬間、横断歩道の向こう側に立っていた人々が一斉に空を見上げながら、いきなり「うわっ!」と叫んだ。

 慌てて萬次郎が、人々が見上げている後の空に振り向くと、空には放射能が溢れたかのような強烈な白い光りが、まるで天に昇る白龍のように歌舞伎町の空を一直線に光らせていた。
 その閃光は、丁度、キャバクラ・アマールがあるビルの頭上だった。
 横断歩道の信号がパッと青色に変わった。

 信号が変わっても、足を止めたまま呆然と空を見上げている人々の中で、萬次郎だけが全速力で走り出した。
 最後にもう一度だけ、せめてキスだけでいいからマリとキスをしたいと後ろ髪を引かれたが、しかしそれを振り切った萬次郎は「ちくしょう!」と呟きながら人混みの中へ消えて行った。

 新宿の雑踏の中へと消えて行く萬次郎。
 閃光を発するキャバクラ・アマールのビルの上空に、数千羽というカラスの群れが一斉に飛び立ち、それまで白く輝いていた歌舞伎町の空を一瞬にして黒く覆ったのだった。


(やりまんFILE・完)


<<目次へ戻る




この作品は、2011年の2月に、
超能力・魔法・妖術・薬物・機械・洗脳・催眠なんかで、マインドコントロール(MC)えっちしちゃう作品専門サイト「E=mC^2」様に「ヤリマンファイル」というタイトルで投稿させて頂いた作品です。
「E=MC^2」(エナジー・イコール・エム・シー・スクウェア)のざくそん様に心から御礼申し上げます。

banner_o.jpg(E=mC^2)


エロFC2ランキング

↓おもしろい!!と思ったら拍手で教えて下さい!!今後の参考にさせて頂きます!!
変態

FX
ブログパーツ アクセスランキング