FC2ブログ

ストーカー男の幸福3

2012/11/17 Sat 04:25

ストーカー4




皮の中でムンムンに蒸されていた恥ずかしい垢が完全除去されると、奥さんはそのままの体勢でペニスを上下にシゴキ始めた。
今まで、奥さんの家のゴミ袋を漁ったり、散歩する奥さんを双眼鏡で覗きながらオナニーしたり、はたまた奥さんの家のドアノブに深夜コッソリと精液を掛けたりしていた僕にしたら、この状況はまさに夢のような状況だった。
が、しかし、僕のペニスは一向に固くならなかった。
極度な緊張のせいで、僕のペニスは完全に怖じけついてしまっていたのだ。

いつまでも起たないペニスをプニプニと弄りながら、奥さんがソッと僕の顔を見上げた。
緊張する僕の顔を見つめながらクスッと小さく微笑んだ奥さんは、静かに体を起こすとタンクトップを脱ぎ捨てた。

柔らかそうな肉の塊がポテンっと飛び出した。
スレンダーな体に見事な巨乳がたわわに実っていた。
今まで何度妄想したかわからない、夢のおっぱいだった。
「触ってもいいですよ……」
奥さんはそう怪しく微笑みながら僕の顔を覗き込んだ。
その微笑みはまさに小悪魔だった。
旦那に嘘をつき、子供を実家に預け、そして自らの裸体を晒しながら他人の肉棒を弄ぶ妖艶な小悪魔。
僕はそんな奥さんの美しくも怪しい目を見つめながら、

(GKP南大塚レジデンス604号室の寝室でも、いつもこうやって旦那の陽介さんにしてあげてるんですか?………)

と、言ってやりたい衝動に駆られた。
それを告げられた時の彼女の困惑した表情を見てみたいと強烈に思ったが、しかしそんな度胸が僕にあるはずなかった。

せっかくの美乳を目の前にしながらも、それでもそれに触る勇気もなく、ただ黙って悶々と妄想を繰り返してばかりいる僕に、奥さんはクスッと微笑みながらソッと僕の手を握った。
右手で僕のペニスをシゴキながら、左手で僕の手を握り、そしてその手を自らの胸に押し付けた。
その乳肉はあまりにも柔らかく、まるで生クリームの中に手を突っ込んでいるような感触だった。
その初めての感触に、思わず僕が「すごい……」と唸ってしまうと、奥さんは嬉しそうに微笑みながら、「柔らかいでしょ」と囁き、なんとその柔らかい乳肉で僕のペニスを包み込んでしまったのだった。

きめ細かな生クリームの中で、まだ半起ち状態のペニスがムニュムニュと蠢いていた。
凄まじい衝撃を受けながらも、それをまともに見ていた僕が、
(やはり旦那の陽介さんにもそうしてるんですか? やはり旦那の陽介さんは、その柔らかな乳肉の中で射精したりするんですか?)
などと妄想していると、いつしか僕のペニスは硬くなっていた。

奥さんは乳肉を上下に揺らしながら、同時に僕のペニスも上下に刺激した。
ピストンされる度に、真っ白な乳肉の上部から亀頭がぴょこんっと顔を出し、今にも奥さんの綺麗な細いアゴに突き当たりそうだった。
奥さんは、長いツケマツゲをペコリと下げながら、そんな亀頭をジッと見下ろし、生温かい息を僕の亀頭にハァハァと吐きかけていた。

その、いやらしい体勢と、この乳肉の感触に堪らなくなった僕が、思わず「あぁぁぁ……」と声を洩らしてしまうと、それを見計らっていたかのように、いきなり奥さんの唇から舌が飛び出し、突き出た亀頭をベロリと舐めた。

皮を剥かれて間もない亀頭は、その強烈な刺激におもわずビクンっと飛び跳ねた。
そんな亀頭を、逃がさないようにと乳肉でギュッと押さえつけ、まるでチュッパチャップスを舐めるかのようにペロペロと舐めまくると、いきなり喉の奥深くまで飲み込んだ。

僕は気が狂わんばかりに悶えていた。
今までの風俗でもこのくらいのサービスは何度もしてもらった事はあるが、しかし、僕にとってこの人は、そこらの風俗嬢とは違うのである。
興奮した僕は、ハァハァハァハァと闘牛のような荒い息を吐き、両手でベッドの端を鷲掴みにしながら、もっともっとと腰を高く突き上げていた。
すると奥さんは、いきなり乳肉の中からペニスを解放させ、そこに飛び出してはビヨヨヨンっと揺れるペニスを素早く指で摘むと、そのままペニスの竿に舌を這わせた。
ぴた、ぴた、ぴた、っというコケティッシュな音が響き、小刻みな快感が下半身に広がった。
奥さんの舌はペニスの根元に到着すると、陰毛の森の中をジョリジョリと舐め回し、そしてその下でダラリと垂れ下がっている睾丸を舌で転がし始めた。

強烈なくすぐったさに一瞬身悶えた僕だったが、しかしそれはすぐに快感へと変わった。
奥さんは睾丸を優しく舐めながらも、ペニスを摘んだ指で亀頭の裏をクリクリと刺激していた。柔らかい乳肉が僕の膝に意図的に押し付けられ、時折、ソッと僕を見上げては怪しく微笑んでいた。

(奥さんが……こんなにスケベな人だったとは………)

プロのテクニックに悶える半面、散歩の時、いつも子供に微笑みかけていたあの優しい奥さんのイメージが汚されていくような気がして、なんだか堪らなく悲しくなって来た。
ふいに機関車トーマスのヨダレ掛けをしている信太君の純粋無垢な笑顔を思い出した。
「ママ」と「ブーブー」と「わんわん」の三つの言葉しか知らない信太君は、今頃、実家のおばあちゃんに抱かれながらスヤスヤと寝息をたてている頃だろう。
しかし、そんな彼の最愛のママは、今、見ず知らずの男の汚い性器を口に含み、睾丸を舐め、そして肛門にまで舌を伸ばそうとしているのだ。

(信太くん………)

そう子供の名前を心の中でソッと呟くと、凄まじい罪悪感に襲われた。
が、しかし、その半面、その罪悪感が奇妙な性的興奮につながり、僕は益々欲情して来た。

奥さんの舌は、睾丸から肛門へ続く、いわゆる『蟻の戸渡り』と呼ばれる筋をチロチロと下っていった。
股を大きく開かれ、肛門をペロンっと舐められ、おもわず「ひやっ」とケツを窄めてしまった。
「んふっ」と笑った奥さんが、僕の尻の谷間で「くすぐったいですか?」と呟きながらも、舌をチロチロと小刻みに動かしている。
僕はゆっくり顔を起こすと、そんな奥さんの変態行為を見下ろしてやった。
あのヤキモチ妬きの旦那が、妻のこの姿を見たらどうなるだろうと思うと、今まで旦那にヤキモチを妬いていたストーカーの僕は、おもわずニヤリと微笑んでしまうほどの優越感に包まれたのだった。

奥さんは肛門で舌を踊らせながらペニスを激しくシゴき始めた。
もう片方の手が僕の股間からヌッと伸びると、白魚のような美しい指が僕の太鼓腹や脂肪で弛んだ胸をジワジワと這い回り、まるで獲物を捕らえるかのように、いきなり乳首を摘んだ。
股間から顔を上げた奥さんは、今度は両手で僕の両乳首を弄り始めると、そのままビンビンに勃起するペニスをヌポッと銜えた。
「ん〜……ん〜……」と艶かしい声で唸りながら顔を上下に動かし、じゅぷ、じゅぷ、っという、実に小気味良い音を立てた。
乳首を弄っていた奥さんの指がゆっくりと下がっていった。十本の指を爪立て、まるでくすぐるようにして胸から腹、腹から太ももへとじんわりと下りていき、おもわず僕は身を捩らせる。

興奮して来た僕を見て、奥さんは右手でペニスの根元をキュッと摘んだ。
ペニスを銜えたまま根元をシコシコとシゴき、口内では亀頭を激しく舐め回した。
奥さんの上下する頭部が早くなり、ベッドのスプリングがギシギシと音を立てた。
両脚をピーンッと伸ばした足下に、奥さんの丸い尻があった。足の裏に、奥さんの尻のスベスベとした感触が伝わると、たちまち僕の頭は真っ白になった。

「あぁっ!……奥さんイキそうです!」

踏ん張りながらそう告げると、奥さんはペニスを銜えたまま「うん、うん」と頷き、根元をシゴくスピードをあげ、そして亀頭を舐め回す舌の動きを速めた。
「むふっ!」っという唸り声と共に、僕の精液が奥さんの口内に迸った。凄まじい快楽が全身を襲い、僕は足の関節が外れるくらいにおもいきり両脚をピーンッと伸ばした。
敏感になった亀頭を労るようにして頭部の動きを緩めると、奥さんはゆっくりとエンディングに向かった。
ちゅぽっ、と音を立てながら唇からペニスを抜いた奥さんは、口内に大量の精液を溜めたままベッドから下りた。
魂の抜け殻のように、ベッドの上でぐったりしていた僕は、洗面所へと向かう奥さんの尻をソッと見つめた。
最高の生尻だった。
今から、あの尻肉の谷間で素股をしてもらえるのかと思うと、萎みかけたペニスが再び息を吹き返したのだった。

(4話へつづく)

《←目次へ》《4話へ→》

66センチ白枠人気ブログランキング66センチ白枠FC2バナー166センチ白枠

変態

FX
ブログパーツ アクセスランキング